ABOUT

about1
1970〜80年初頭のニューヨークで社会現象になっていたスプレーアート”Graffiti”。

自己表現のためのアートとして、地下鉄にペイントするアーティスト達。

当時のニューヨーク市長により一時は地下鉄から消えたカルチャーだが、その勢いは衰えるどころか、地下鉄の枠を超え、発祥地ニューヨークからアメリカ各都市、ヨーロッパ、南米、アジアと全世界に広がり、現在では大都市には欠かせない街の一部となり、ハイブランドとのコラボやギャラリーで高い評価を得るアーティストが世界には多く出ています。

about2
そんな世界中に広がるアートカルチャーGraffitiを武器に活動している日本人アーティストの作品を、プロダクツにしてご紹介する”Graffical Market”。

Grafical → 絵画的・彫刻的という意味ですが、GraffitiのARTとしての意味も持ち合わせてGrafficalにしています。また、市場の意味を持つMarketを組み合わせGraffitiアイテム専門市場という形にしました。
 

about3
HipHopをはじめExtreme Sports、スケートボードやダンス,ラップ等といったStreet Cultureである
Graffitiデザインに特化したアイテムを扱い、Undergroundで描き続けている多くの日本人ライター達が、自分が制作した作品を当時のライターズベンチのように発表し、さらに販売できる場です。
また、自己表現ができるリーガルウォールの提供と、才能あるライターの発掘・育成を目的としたポータルサイトです。